RESULTS試合結果

RESULTS 2019.06.03

【6/2新宿】試合結果速報~全面戦争は獣友激勝!文体メインは尾崎魔弓vs松本浩代!

 今年も好試合は多くありましたが、お客様の歓声が最も大きかったのは本日のメインではないでしょうか。大熱狂で予想外の結末を迎えましたOZアカデミー6月新宿大会、その全試合結果を速報いたします!

OZアカデミー女子プロレス新宿大会~Welcome to the ring of dangerous OZ~

■興行・試合日程:2019年6月2日(日) 17:30開場/18:00試合開始
■開催地:東京都 ■試合会場:新宿FACE
■観衆:427人(満員)

※くじ引きによりメインイベント前半のシングルマッチの組み合わせが以下の通りに決定。
1本目:安納サオリ vs 米山香織
2本目:桜花由美 vs 松本浩代
3本目:雪妃魔矢 vs 世志琥
4本目:尾崎魔弓 vs アジャコング

■第一試合:シングルマッチ20分1本勝負
●ライディーン鋼 vs ○倉垣翼
11分13秒 ハヤブサ直伝ファルコンアロー ⇒ エビ固め 

■第二試合:シングルマッチ30分1本勝負
●清水ひかり vs ○チェリー
7分42秒 チェリトーンボム ⇒ 片エビ固め 

■第三試合:タッグマッチ30分1本勝負
志田光&水波綾 vs ○加藤園子AKINO
15分28秒 ラ・マヒストラル 

■セミファイナル:シングルマッチ30分1本勝負
○進垣リナ vs ●関口翔
11分48秒 キドクラッチ

■メインイベント:正危軍vs獣友全面戦争:8人タッグマッチ30分特別ルール
ルール詳細はこちらを参照
○【獣友連合】アジャコング&松本浩代&米山香織&世志琥 vs ●【正危軍】尾崎魔弓&桜花由美&雪妃魔矢&安納サオリ
※獣友2ポイント vs 正危軍1 ポイント
【1st ポイント】9分15秒(シングルマッチ4本目00分15秒) ○アジャコング vs ●尾崎魔弓 裏拳 ⇒ 片エビ固め
【2nd ポイント】12分35秒(8人タッグマッチ開始00分35秒) ●アジャコング vs ○尾崎魔弓 横入り式エビ固め
【3rd ポイント】29分37秒(8人タッグマッチ開始17分37秒) ○松本浩代 vs ●尾崎魔弓

※8月25日横浜文化体育館大会における挑戦者:松本浩代vs 王者:尾崎魔弓の無差別級選手権試合が決定
※7月7日新宿大会における加藤園子&AKINO vs 小林香萌&関口翔のタッグ選手権挑戦者決定戦が決定。この試合の勝者は8月25日横浜文化体育館大会で雪妃魔矢&安納サオリの持つタッグ選手権に挑戦する権利を得る。

※本体のMVPはアジャ&松本&米山&世志琥の獣友連合に決定。

レフェリー:伊東幸子
リングアナ:中村裕之

 OZ初参戦のライディーン鋼、倉垣翼と重爆ラリアットと重爆ムーンサルトの壮絶な打ち合いでオープニングマッチを大いに沸かせます。この元JWP対決を制したのは倉垣のファルコンアロー。先輩の意地を叩きつけての勝利となりました。

 続く第二試合はこれも珍しい清水ひかりvsチェリー。正々堂々真っ直ぐなファイトで先輩に立ち向かう清水でしたが、チェリーは先輩しかできない熟練のインサイドワークでこれを翻弄。最後は必殺のチェリトーンボムで試合を決めました。

 そして第三試合、メイン級の選手が4人揃ったタッグマッチは予想通りの好試合に。水波綾と志田光の凸凹タッグワークも大いに加藤園子&AKINOを苦しめましたが、最後はチームワークに一日の長、MK4がAKINOのフランケンシュタイナーからの加藤のマヒストラルという難攻不落の連携で勝負を決しました。

 セミファイナル、フレッシュさの弾ける二人がこのセミの重責の中熱い戦いを見せます。打撃と関節、そして意地と意地がぶつかり合う好試合。先日タッグで進垣リナに勝利している関口翔は連勝を狙いますが、ラストは進垣がまさかのキドクラッチ一閃!試合後関口は悔しさを押さえきれず、二人の物語はまだまだ続くことになりそうです。

 そして遂に迎えるメインイベント。世志琥を助っ人に重厚な面々が並ぶ獣友に、正危軍の新テーマ曲で登場した王者揃いの正危軍。この両チームによる一瞬たりとも目が離せない3分勝負のシングルマッチが4試合ぶっ通しで行われます。ここでポイントを奪取することはこの後の8人タッグに優位に働きますが、やはり両チームともなかなかポイントが取れません。

 試合が動いたのはシングル4本目のアジャvs尾崎。4本目が開始早々にアジャの裏拳が強烈に炸裂!獣友が1ポイントを先制します。しかしその後8人タッグに雪崩込んだ早々、今度は尾崎がアジャをスクールボーイでスリーカウント!ポイントはイーブンに。

 その後8人タッグは正に一進一退。ポリスを加え数で勝る正危軍ですが、獣友の個々の強さは強烈です。両者ポイントを加えられないまま迎えた合計29分過ぎ、獣友は遂に正危軍の分断に成功!捕らえた尾崎に対し、アジャの垂直落下式ブレーンバスター!米山&世志琥の連続セントーン!そしてトドメは松本の伝家の宝刀ロックドロップ!残り20秒での追加ポイントは正危軍にも返す術なく、全面戦争は獣友に凱歌が上がりました。

 試合後、無差別級王者からのスリーカウントを奪取した松本は待ちに待った無差別級への挑戦を表明!怒り心頭の尾崎はこれを了承し、遂に年間最大のビッグマッチ・横浜文化体育館のタイトルマッチが決定いたしました!

 そしてさらにここで加藤&AKINOが登場、雪妃&安納のタッグタイトルへの挑戦を表明します。しかしここで黙っていないのが同じMK4の関口翔。AKINOのパートナーが自分でないことに不満を口にしますが、AKINOも今回の相手が一筋縄ではいかないことを説明、関口を説得にかかります。

 ですが関口も今やメインイベンター、簡単には引き下がりません。次回大会より日本に凱旋する”もう一人のMission K4”小林香萌をパートナーに、加藤&AKINOとの挑戦者決定戦を申し入れたのです!そして7月7日、まさかのMK4同士の決戦が行われることが決まります!

 いよいよ見えてきたRoad to 横浜文体。決戦の舞台はすぐそこです。まだまだ何かが起きそうなOZマット、皆さまお見逃しなく!

タグ: