TOPICSトピックス

TOPICS 2019.10.01

【10/6見どころ解説】②~松本vs小林、さらに若手四選手が正危軍全勢力との真っ向勝負に挑む!

 前回に続き10月6日新宿大会の見どころを徹底解説!今回はメインイベントを含む二試合についてお届けいたします。とその前に、まずは当日の全対戦カード、そして連載第一回をこちらからどうぞ!

■【10/6新宿】全対戦カード~関口優宇進垣青木の若手4選手が正危軍全力突破を目指す!
https://oz-academy.com/archives/18590

■【10/6見どころ解説】①~志田AKINOvs加藤朱里、広田世志琥vsアジャ米山、有田vs倉垣!
https://oz-academy.com/archives/18595

OZアカデミー女子プロレス新宿大会~Bleed it out~

■興行・試合日程:2019年10月6日(日) 17:30開場/18:00試合開始
■開催地:東京都 ■試合会場:新宿FACE

■シングルマッチ30分1本勝負

小林香萌 vs 松本浩代

 これほど期待値の高いシングルマッチがまだ残っていたのかと驚かされます。Mission K4より小林香萌、そして獣友より松本浩代。ともに世界を知り、その試合の熱さでは定評のある二人がシングルマッチで激突です!

 小林香萌がOZマットに参戦したのが2014年。当時のMK4の末っ子となり、以降の5年間で己のプロレスを磨き続けてきました。二度に渡るメキシコ修行。そして怪我による欠場。髪切りマッチの敗北。何より大きいであろう、名古屋国際のラストウーマンスタンディングマッチ、最後に二人残ったアジャコングとの死闘。5年前には想像もつかないほど大きくなった小林香萌がそこにいます。今の彼女には、誰と相まみえても勝利を奪うことができる大きな期待値があります。

 そしてそれは松本浩代が等しく通ってきた道でした。松本浩代のOZマット初参戦は、小林のそれに遡ること更に6年前。まだまだグリーンガール出会った松本は、この11年で女子プロレス界のど真ん中に立っています。

 重ねてきた歴史では松本に一日の長があります。しかしその階段を登るスピードでは小林もまったく劣りません。そして小林には今まさに猛スピードで駆け上がっているという強烈な勢いがあります。松本の豪腕から繰り出される力と技、小林の勢いが生み出す高度と速度、その二つがぶつかり合ったとき、OZマットに新たな歴史が刻まれます!

■8人タッグマッチ45分1本勝負

尾崎魔弓&桜花由美&雪妃魔矢&安納サオリ vs 関口翔&優宇&進垣リナ&青木いつ希

 今年のOZマットで躍進が著しい若手たちの台頭。それはこの2019年が関口翔によるシングル五番勝負の真っ只中で明けたことも、きっと無関係ではないのでしょう。この年始の時にはいなかった優宇、進垣リナ、青木いつ希という稀有な才能たちの登場により、OZアカデミーの勢力図にまた新たな色が加わりました。

 前回の新宿大会ではこの四選手がそれぞれ挑戦カードを戦ったのですが、結果は全敗。この悔しさをバネに彼女らが選んだ道が、正危軍を叩き潰すことでした。

 正直を言えば、時期尚早とも言えるチャレンジかも知れません。長く死闘を続けるMK4や獣友でさえ手こずる厄介な軍団、それも現・無差別級王者を擁する最強の正危軍を相手にするということは、今の彼女たちにとっては厳しすぎる試練です。

 しかしだからこそ、今の彼女たちの実力とスタミナ、意地と気迫、その魂の全てをこの試合で感じることができるはずです。そして彼女らが持つピュアで真っ直ぐな闘志、それこそが正危軍が最も苦手とするものでもあるのです。

 この四人が正危軍を打ち倒す可能性は決して高くはありません。しかしその勝利へと続く光の道は必ず存在しています。その道を誰より早く突き進むのは誰になるのか、さらに会場の皆の心に最も大きな爪痕を残すのは誰になるのか。人間の成長をお見せするのがプロレスの醍醐味、令和元年最大のチャレンジと激闘を、皆さまの心で熱く感じ取ってください!

全5試合。試合順は当日発表。

お問い合わせOZアカデミーオフィシャルサイト問い合わせフォームより
前売り券は、チケットぴあイープラスローソンチケット後楽園ホールチャンピオン(水道橋)、他ポスター掲示店にて発売中。

チケット料金

◆最前列席・・・7,000円
◆カウンター席・・・7,000円
◆リングサイドA席・・・5,000円
◆リングサイドB席・・・4,000円
◆指定席・・・3,000円
※全て当日は500円UP。

タグ: