RESULTS試合結果

results 2020.08.29

【8/28横浜文体】試合結果~無差別級・爆女王それぞれの行方は!?

 皆さまの熱い応援のおかげで今年も開催することができました、OZアカデミー文体ファイナル!猛暑の中会場までご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!文体の最後を飾るにふさわしい死闘、激闘が続いた本大会の試合結果を速報にてお届け致します!

OZアカデミー女子プロレス横浜文化体育館大会 プラムの花咲くOZの国~文体ファイナル~

■興行・試合日程:2020年8月28日(金) 17:30開場/18:30試合開始
■開催地:神奈川県 ■試合会場:横浜文化体育館
■観衆:999人(満員)

■第一試合:6人タッグマッチ30分1本勝負
倉垣翼朱里&●進垣リナ vs 桜花由美&○雪妃魔矢&砂辺光久
15分01秒 体固め ※ウィールウィンドを切り返されたところを押さえ込む

■第二試合:タッグマッチ30分1本勝負
柊くるみ&○朱崇花 vs ●山下りな青木いつ希
13分56秒 ムーンサルトプレス ⇒ 片エビ固め

■第三試合:シングルマッチ30分1本勝負
●旧姓・広田エリザベスさくら(旧姓・エリザベス世志琥) vs ○世志琥
0分11秒 ラリアット ⇒ 体固め
※再試合
●旧姓・広田エリザベスさくら(旧姓・エリザベス世志琥) vs ○世志琥
7分06秒 ダイビングセントーン ⇒ 体固め

旧姓・エリザベス世志琥

■セミファイナル:伝説のYoutuberオーキットプレゼンツ:爆女王選手権試合・超花火イリミネーション8人タッグ有刺鉄線プラズマ爆破バットデスマッチ時間無制限
【獣友】第7代女王・○松本浩代アジャコング米山香織優宇 vs 【Mission K4】●加藤園子AKINO小林香萌関口翔

※退場順:①米山 ⇒ ②小林 ⇒ ③関口 ⇒ ④AKINO ⇒ ⑤優宇 ⇒
⑥ ○松本浩代 vs ●加藤園子
19分51秒 ロックドロップ ⇒ 片エビ固め
※ポイント4対2にて獣友が勝利。第7代王者松本が初防衛に成功
※9月6日新宿大会における加藤&AKINOvs米山&優宇のタッグ選手権試合が決定

■メインイベント~The Wizard of OZ~OZアカデミー認定無差別級選手権試合:シングルマッチ時間無制限1本勝負
第23代王者:○尾崎魔弓 vs 挑戦者:●安納サオリ
25分30秒 テキーラサンライズ
※第23代王者が3度目の防衛に成功

レフェリー:伊東幸子MIO、神尊仁
リングアナ:中村裕之

試合前には振付仮面(ラッキィ池田さんに似ているが本人は否定)によるプロレス体操のコーナーもありました!

 そして新たにOZアカデミー公式パートナーとなっていただいた豊洲マグロ屋、株式会社山和の渡辺和義社長のご紹介!

 さらに今回も中部徳洲会病院・村上大道先生から、プロレス観戦時の新型コロナウィルス感染防止のポイントについてご説明をいただきました!今回も正危軍Tシャツで正装です!

 試合はセミファイナルで現爆女王の松本が至宝のベルトを死守!最後はアジャと加藤をまとめて爆破してからのロックドロップで勝利を収めました。試合に勝利した獣友が目指すのは、もちろんOZ認定タッグのベルト!早くも次週新宿大会でタッグタイトルマッチが決定です!

 そしてメインイベント。黒でも青でもない”白安納”で登場した挑戦者ですが、試合開始早々正危軍全員が彼女に襲いかかり、その洗礼を全身で受けることになります。過去にない大流血となった安納のコスチュームは白から赤に染まり、もはや成すすべ無しかと思われました。

 しかしここからの安納の粘りは眼を見張るものでした。正危軍メンバーを蹴散らし、尾崎を締め上げ、決死の勝利を掴み取りにかかります。そしてここで試みたのは尾崎の代名詞・テキーラサンライズ。しかしこれが尾崎の怒りに完全に火を付けました。本気の尾崎が繰り出す本家テキーラサンライズ、ここ一番でしか見せない大技に、安納は天を仰ぎ3カウントを奪われる結果となりました。

 試合後、尾崎は血まみれの安納に対し「今の安納を見ていると、2年前に正危軍に誘ったことは正解だったのか疑問を感じている。もう正危軍から離れろ」と詰め寄ります。自らが勧誘して安納を加入させたことが、今の安納にとって良かったとは思えない。偽らざる尾崎の思いに会場が凍りつきます。しかし安納の答えはNOでした。

「勝手すぎませんか?」

 自分の道は自分で決める。私は正危軍が好きで、尾崎魔弓から学びたいことがある。力強く、しっかりとひと言ひと言答える安納。その気持を受けた尾崎は、「これからもっと厳しくなるぞ」と安納を大きく抱きしめ、この戦いは終了となりました。

 OZアカデミーが8度に渡って大場所を開催してきた横浜文体、その最後の試合はこうして幕を閉じました。来週から始まるOZアカデミーの新たな景色。順次カードも決定してまいります!

 勝利を祝い、花道をステージに向かって引き上げる正危軍。「今日一日は挑戦者であり続ける」ために、そこから一人離れてリング下へ引き上げる安納。この試合を経た正危軍・安納サオリがこれからどのような戦いを見せてくれるのか、楽しみな結末となりました。

 試合後、尾崎は「今日私は安納とキッチリ正危軍としての試合をした。同じ軍団だろうが何だろうが、やるときはやるのが正危軍。9月6日新宿FACEの同門対決の6人タッグ(※尾崎の指示で決定したアジャコング&雪妃魔矢&関口翔vs松本浩代&桜花由美&小林香萌の6人タッグ戦)、桜花も雪妃も、もちろん他の奴らもキッチリ戦えよ!私の考えたカードに文句は言わせないからな!」とのコメントを出します。求められるのはこの日の戦いを超える激しい同門での戦い。M正危軍はもとより、Mission K4、獣友全てのチームがその意地とプライドを試されることになりました!

 次々と移り変わるOZマットの景色。来週の新宿大会も、皆さま引き続き熱い応援よろしくお願い致します!

タグ: