RESULTS 2018.12.02

【12/2】超速報~タッグは王座移動、シングルは防衛!そしてマジテン開幕!

東日本での年内最終戦であり、今年度最後のビッグマッチとなる後楽園ホール大会!両タイトルマッチを軸に驚きと感動の結末、そして次なる大転換を迎えた全6試合、その結果を超速報致します!

OZアカデミー女子プロレス後楽園ホール大会~connect to the future~

■興行・試合日程:2018年12月2日(日) 11:00開場/11:30試合開始
■開催地:東京都
■試合会場:後楽園ホール
■観衆:872人

※小林香萌の1月6日新宿大会での復帰が決定。
※加藤園子デビューシングル「コノヤロー」が第一興商のDAMに登録されることが決定。

■第一試合:シングルマッチ20分1本勝負
○雪妃魔矢 vs ●笹村あやめ
7分47秒 バズソーキック ⇒ 体固め

■第二試合:タッグマッチ30分1本勝負
大畠美咲&●万喜なつみ vs ○堀田祐美子&倉垣翼
10分35秒 ピラミッドドライバー ⇒ エビ固め

■第三試合:シングルマッチ30分1本勝負
●旧姓・広田さくら vs ○アジャコング
7分25秒 一斗缶を被せての裏拳 ⇒ 片エビ固め

■第四試合:6人タッグマッチ30分1本勝負
○尾崎魔弓&桜花由美&安納サオリ vs ●加藤園子&AKINO&水波綾
17分22秒 オザキック ⇒ 片エビ固め

※第四試合までの中から選出される大会MVPは尾崎魔弓&桜花由美&安納サオリに決定

■セミファイナル:OZアカデミー認定タッグ選手権試合 タッグマッチ30分1本勝負
挑戦者:○松本浩代&米山香織 vs 王者:世志琥&●山下りな
17分53秒 ロックドロップ ⇒ 片エビ固め
※第28代王者が初防衛に失敗。松本&米山組が新王者となる。

■メインイベント:~The Wizard of OZ~ OZアカデミー認定無差別級選手権試合
関口翔シングル五番勝負~第四戦~:シングルマッチ60分1本勝負
挑戦者:●関口翔 vs 王者:○志田光
18分11秒 ファルコンアロー ⇒ エビ固め
※第22代王者が二度目の防衛に成功。

※関口翔シングル五番勝負の最終戦が1月6日新宿大会でのvsAKINO戦に決定。関口のOZマットでの生き残りの可否は、ここでのお客様の判断によって決定となる。

※来年1月6日の開幕戦より、OZアカデミー認定無差別級選手権次期挑戦者決定トーナメントがマジテン(Magic of 10 minutes)ルールにて行われることが決定。マジテンルールとは10分1本勝負で行われるシングルマッチトーナメントルールで、引き分けの場合は両者ともに失格となる。一回戦の組合せ抽選結果は下記の通り。
・尾崎魔弓 vs 倉垣翼 ※1月6日新宿大会
・世志琥 vs 堀田祐美子 ※1月6日新宿大会
・関口翔 vs アジャコング ※1月13日那覇大会
・安納サオリ vs 米山香織 ※1月13日那覇大会
・雪妃魔矢 vs AKINO ※1月14日宮古島大会
・松本浩代 vs 加藤園子 ※1月14日宮古島大会
一回戦の全試合が終わった段階で、再度2月に行われる二回戦の組合せを抽選にて決定。3月17日新宿大会がトーナメント決勝戦となり、そこで優勝した選手が4月14日後楽園ホール大会において、志田光の持つ無差別級選手権に挑戦する権利を獲得する。

レフェリー:伊東幸子、石黒淳士
リングアナ:中村裕之

 タッグタイトルは”台風の目”米山香織が次元を超えたような大活躍を見せ、獣友が劇的な勝利で念願のベルトを奪取!ラストは山下のスプラッシュマウンテンを米ZOU 獣友Ver.で切り替えした上でのロックドロップという戦慄の流れ技となっておりました! そして迎える無差別級選手権試合。前半で早くも追い込まれた関口翔でしたが、ここから必死の粘りと手段を選ばぬ執念で志田光への徹底的な腕攻めを開始します! パワーに劣る部分をを再三の関節技で補い必死の戦いを見せ続けますが、最後は志田渾身のファルコンアローで力尽き、3カウントを聞きました。

 そして決まったのが五番勝負最終戦、相手はやはりAKINO。AKINOはこれまでの感想や想いの全てを1月の最終戦後に伝えることとし、さらに関口の去就の判断までも当日のお客様に委ねることを宣言します。

 そしてそこに続いて登場した尾崎代表から発表されたのが、無差別級次期挑戦者決定マジテントーナメント! マジテンルール、古くからOZアカデミーをご覧の皆さまはご存知かと思います。10分1本勝負で引き分けは失格となる、息をもつかせぬあのルールです!それが来年の開幕戦より、無差別のベルトを巡って開戦いたします!

 年明け早々から激しい動きを見せることになるOZマットの戦い、皆さまどうぞご期待下さい!!