TOPICS 2019.05.01

【5/12新宿】見どころ②~尾崎vs優宇、そしてタッグ選手権・松本米山vs雪妃安納、レフェリーポリス!

 令和最初のOZアカデミー新宿大会、この令和元年にOZマットを支配するのは果たして誰か。その趨勢を決する重要な二試合についてガッツリと解説いたします!当日の全対戦カード、そして見どころ解説第一回はそれぞれ下記リンクからご覧ください!

■【5/12新宿】全対戦カード~正危軍タイトル独占を狙うタッグ王座戦を筆頭に全5試合決定!
https://oz-academy.com/archives/17328
■【5/12新宿】見どころ①志田進垣vs加藤関口、桜花vsマリ卍、倉垣Leon vs アジャAKINO
https://oz-academy.com/archives/17357

OZアカデミー女子プロレス新宿大会~Something is happening tonight ~

■興行・試合日程:2019年5月12日(日) 17:30開場/18:00試合開始
■開催地:東京都 ■試合会場:新宿FACE

■シングルマッチ30分1本勝負

尾崎魔弓 vs 優宇

 前王者・志田光から無差別級ベルトを強奪し、その勢いを駆って正危軍によるチャンピオンベルト独占を宣言した尾崎魔弓。その決め手となるタッグタイトル戦の直前、正危軍としての勢いを付けるべく尾崎が登場です。

 相手は先日の大阪大会に続きOZマット二度目の登場となる優宇。選手歴では尾崎とは30年もの差があり、その壁を越えるのは容易ではなさそうです。おそらく尾崎もそれを見越して、ここの勝利をメインのタッグに繋げたいはずです。

 しかしながら尾崎と優宇、身長はほぼ同じながら体重には20kgもの差があります。そしてその若さが発する勢いがあります。事実、大阪大会でもそのパワーファイトは凄まじく、小柄な選手なら一撃で吹き飛んでしまう破壊力を発揮していました。

 尾崎が進めるOZマットの正危軍完全制覇。その目論見への第一歩に一つの傷を残すのは、もしかすると優宇になるのかもしれません。いずれにせよ優宇にとっては大きなチャンス、ものにできるかどうかは本人次第です!

■OZアカデミー認定タッグ選手権試合:タッグマッチ30分1本勝負

挑戦者:雪妃魔矢&安納サオリ(正危軍) vs 王者:松本浩代&米山香織(獣友)

※レフェリー:ポリス
※両チームとも、セコンドの介入があった場合はベルトの権利を剥奪される。
※ポリス以外のレフェリーによるカウントは一切無効。

通常であれば尾崎・桜花が乱入を繰り返し、アジャがそれに立ち向かうことになるであろうこの試合。しかし尾崎の申し出からセコンドの乱入は一切禁止、あくまで選手と選手は正々堂々と2対2の戦いを繰り広げることになりました。ただしレフェリーはポリス。レフェリーは、あのポリスです。

 今回の挑戦者・雪妃魔矢&安納サオリ、その美しきビジュアルはもちろんのこと、凶器と巧みな技を使いこなし、ヒールとしての勝利の方程式を確立している恐るべき挑戦者です。ただ相手は昨年以降勝利とMVPの山を築いてきた最強王者、獣友の松本浩代米山香織。獣友爆弾と呼ばれる数々の連携を軸に、予想のつかない爆発ファイトで正に手のつけられないチャンピオンです。

 しかしここにレフェリー・ポリスが投入されることで、勝負の行方は一気に正危軍有利に傾きました。もちろんそれはポリスの動向次第。しかし素直に真っ当なレフェリングをしてくれるとも考えづらく、王者2人は挑戦者+レフェリーの3人を相手にし、しかもそのレフェリーに自らの勝利を告げさせるという難題に挑まなくてはならないのです。

 ここで正危軍にタッグのベルトが渡った瞬間、尾崎の宣言した正危軍ベルト独占計画は達成されることになります。社長であり無差別王者である尾崎と、その配下であるタッグ王者チーム。社長と王者の権限が何より強いこのOZマットで、この結果が意味するものは……。

 暗雲立ち込めるOZマット、現王者はその黒雲を打ち払い、リングに光明を刺すことができるのか!OZの未来を賭けた重要な一戦、決戦は間もなくです!

お問い合わせOZアカデミーオフィシャルサイト問い合わせフォームより
前売り券は、チケットぴあイープラスローソンチケット後楽園ホールチャンピオン(水道橋)、他ポスター掲示店にて発売中。

チケット料金

◆最前列席・・・7,000円
◆カウンター席・・・7,000円
◆リングサイドA席・・・5,000円
◆リングサイドB席・・・4,000円
◆指定席・・・3,000円
※全て当日は500円UP。